バリカンズオリジナル

PLAY AT YOUR OWN RISK ワッペン

自己責任ワッペン アイロン圧着可能にして再販売いたします!!

SOTOKENとは、外遊び研究所の略である。
アウトドアと言う横文字はなんか、
慣れない。
なんか”本気”を感じ過ぎてしまう傾向があるから。
だって自分はそこまで本気ではないから。
子供の頃のまんまの「外遊び」
くらいがちょうど良い。
ガキンチョの頃の感覚のまま、外で遊ぶ行為が世の中で一番シンプルな嗜みだと信じている輩。
それがSOTOKEN。
そんなSOTOKENが掲げているの言葉。

鵜飼さんに教えてもらった

「PLAY AT YOUR OWN RISK」

日本語でいうと、自己責任ってこと。 
アメリカの公園なんかではフツーに看板として掲げているらしい。
日本では「立ち入り禁止」や、「ここでこういう遊び方をしてはダメ!」
ダメダメ看板しか見たことはない。

外で遊ぶことは何もかも自己責任でってことだと思う。
できるだけ人の迷惑にはならない状況を把握して、自分の責任でめいっぱい遊ぼう!
って意味こそ外遊びにはとても大切なんだと思う。
怪我をすることも、山の中で彷徨ってしまうことも、
立ち入り禁止内に入って遊ぶことも、すべて自己責任。

痛い目に遭わないように必要そうな道具を用意する。そして探検に出かける。
探検したことで、痛い目にあったら、次は備えることができる。
その場所が危険かどうか?いけない行為かどうか?は、立ち入り禁止の看板が掲げてある場所だとしても、自分の目で判断すれば解ることがある。
他人に迷惑になってしまうことでなければ、自分で判断して遊べる場所は意外と何処にも沢山見つけられるものだ。
常識や看板ばかりが正しいわけじゃない。
なんて書くと勘違いをされそうだけど、自分の子供の頃はそれが当たり前だった。
痛い目にあって初めて解ることっていっぱいあるから。それも自己責任。

何でもかんでも禁止禁止!って言ってたり、書いてたりすることに関して異議あり!

すべては自己責任な訳である。

外遊びを愛する身として、この言葉を掲げていきたい。

ワッペンサイズ
SOTOKEN 77ミリ×12ミリ 1g
PLAY AT YOUR OWN RISK 直径75ミリ 2g

デザイン by ジェリー鵜飼


SOTOKEN PROJECTとは?
アウトドアファッションマガジンGOOUTで毎月連載している、
”初心者による初心者のための外遊び”
を研究する、所長 岡部文彦、デザイン担当 ジェリー鵜飼、カメラ担当 杉崎J太郎の三人で構成された”乙さん”ユニット。
そんな3人が外遊びアイテムを企画するプロジェクト。
シャーロックキャップはその企画最初の一つです。その後、気まぐれにアイデアが閃き次第製作。


P.S.
中学1年の学校帰り、とある山裾にある水質試験場内に忍び込んで、そこにある貯水池で飼われているであろう鯉を友達3人で捕まえようと、立ち入り禁止区域内に入ってジャージ姿でジャブジャブして「あっちいったぞ!」なんてはしゃいでいたら、いきなり車がブーンとやってきて、関係者であろう職員のおじさんにものすごく説教をくらった経験が.....。その時は本当怖かったけれど、いけないことなんだってすごく反省できた。そのおじさんは僕らに解りやすく「なぜここに鯉が飼われているのか?」をしっかり説明してくれたから。見つかった時はマジで逃げようとしてビビったけれど、捕まって怒られて本当に良かった。中学生だったから怒られただけで済んだんだけどね笑。その人も学校にはチクらずにいてくれたことが嬉しかった。(所長13歳の青春こぼれ話)




TAGS: SOTOKEN PROJECT /

2,495円(税込)

型番: 2016-1122-03
定価: 2,495円(税込)
セット
2,495円(税込)
在庫なし

SOLD OUT

RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK