丘部好み

PHENIX×GEARHOLIC SHELL COAT

PHENIX×GEARHOLIC 「URBAN OUTDOOR LINE」
キャンプ時など、急に降り出した雨のタイミングでもこのコートを羽織ることで、作業しながらの雨凌ぎにはぴったりの羽織もの。コンパクトに持ち運び可能なA4サイズの収納袋つきで、ビジネスシーンでも活躍できるコートをGEARHOLIC名義で作りました。


北国生まれの子供らは、冬の登下校スタイルは基本的にスキーウエア。体育の時間もスキーの授業が当たり前。
店主自身も岩手県出身ということもあり、小学生の頃は当たり前のようにスキーウエアを見にまとって登下校していた。

日本のスキーウエアメーカーとしてフェニックスは子供の頃から知っている憧れのブランド。
全国的にはそこまで知られていないブランドだということはブランドに関わってから知ることとなった。

そんなフェニックスに関わってからもう8年の歳月が過ぎようとしている。一番始めはインハビタントというフェニックスないのブランドと関わって、風呂敷タイプのメッセンジャーバッグ「FROSHIKY」を作ったのが始まり。
そこから、フェニックスアウトドアのカタログ制作に関わり、ついには、願っていた企画に関われることに成れたのだ。

それが、このPHENIX 「URBAN OUTDOOR LINE」
世の中のアウトドアブームを見守っている中で、「機能性のある日常着」ってのが必ず来ると確信した時、フェニックスに「街に落とし込んだ機能的ファッションウエア」をプレゼンして、その想いを叶えてもらったのである。
自らプレゼンし、自分のわがままを聞いてもらい、アウトドアメーカーに製品化してもらったのがこのコートなのだ。

スタイリングからイメージを作り商品構成を考えた。
テクニカルなツイードのラペルドジャケットに
インナーにはタイドアップしても様になる、3ピース的ダウンベストを装備(体温調整)。
ボトムは自分好みのニッカボカパンツにロングソックスで固める。
その上にレイヤードするのがこの雨を凌ぐ為のシェルコート。

このスタイリングで、アウトドアウエアのレイヤリングシステムを街着に落とし込んだスタイリングが完成出来るわけだ。

アウトドアウエアの代名詞的存在、シェルジャケットをそのままテクニカルなロングコートタイプにしてほしい!
というシンプルな提案を形にしてもらったものは2シーズン目からだった。
3シーズンを迎えた今季、アップデートを重ねやっと思い通りの形になった。
3レイヤー&フード付きステンカラーシェルコート。
GEARHOLIC別注として作って頂いた。




以下詳細
ハイレベルな通気性+透湿性を誇る防水素材「DRY VENT(R)」を使用。フルシームシーリング対応。ディタッチャブルフードなので、フードを外せばステンカラーコートに。ビジネスシーンでもより使いやすい仕様にアップデート。 フード装着時は、襟の裏側とフードをプランサーでジョイント可能です。

胸ポケットはフラップ仕様。前立てに沿って縦に配置することで、よりシンプルで汎用性高いデザインになっています。ポケットのフラップ縁など部分的に採用したポリウレタンシートは防水+補強の機能を備え、またアウトドアテイストを採り入れたデザインアクセントとしてオシャレ。
右脇ポケットの内側にはipad用ポケット付き。起毛素材なのでハンドウォームポケットとしても活躍。



タイト目の身幅、袖幅です。

Mサイズ 丈98センチ、身幅58センチ、裄丈87,5センチ(首の付け根から袖口までの長さ)
Lサイズ  丈100センチ、身幅60センチ、裄丈90センチ(首の付け根から袖口までの長さ)
XLサイズ 丈102センチ、身幅62センチ、裄丈92,5センチ(首の付け根から袖口までの長さ) 
(参考モデルサイズ、身長178センチ、中肉中背、でXLサイズを着用)

TAGS: GEARHOLIC /

49,680円(税込)

型番: 2017-1014-01
定価: 49,680円(税込)
数量:
MLXL

RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK