丘部好み

alkphenix dan tee

歩くための機能服 アルクフェニックス 
フェニックスというアウトドアスポーツウエアメーカーが企画開発している2014にスタートしたブランド。

実は、店主岡部もブランド立ち上げから関わっているので、思入れも一層強いブランドなんです。
新しいラインを立ち上げる時、どのような方向性にするかじっくり話し合った結果、
デザイナーはTEATORAの上出大輔氏を起用しました。
皆でじっくり話し合い、歩くための機能服を作ろう!と相成りました。
日本語的なブランド名にしたくて、そのまんま「歩く」=アルクに。アルクでは商標が取れずにalkphenixとなりました。
ロゴは上出大輔が考えた、「歩」という漢字を丸の中に取り入れて、よく見ると街の道路を上から見たように見えまるデザインロゴに。
このセンスは抜群にかっこいいと思います。
その他、機能をそれぞれの漢字一文字で表しています。
暖かい=暖(dan)軽い(karu) 動きやすい(dou)など、他にも漢字一文字で表現しているコンセプトは
まさに日常に必要な機能性で、この表現の仕方もアルクフェニックスの特徴です。

そもそも、上出とは、「これからは機能性のあるファッションウエアがあっても良いじゃないか?」と。
それも、あくまでも「自分達の日常の中で機能性を感じられる服」を!と。
そこから改めてお互い意気投合したことがきっかけで、彼はTEATORAをスタートさせ、それ後自分は、フェニックスと繋げる役割をしてアルクフェニックスが生まれたのでした。

その中でも店主が一番気に入っているウエアが、
この 「dan tee」です。

企画当初、僕は息子の影響でサッカーにハマっていて、そこで初めて”ピステ”というウエアの存在を知りました。
スウェットシャツみたいなナイロン素材の被り物にはびっくりして、僕は上出にピステが面白い!と打ち明けました。そこで彼は、アウトドアウエアでは知られつつある素材「ポーラテックアルファ」を採用し、
動いていても、熱量を放散させることができ、体温も維持できる特殊な素材を素晴らしいデザインウエアへと落とし込みんでくれました。アルク的ピステの誕生です。
僕はほぼ毎日着用しています。ジョギングにも最適。軽量かつ小さくもなるので、dan teeではなくkarudan teeなんです。ピエール・カルダン......なんつって。

ダジャレはともかく、このdan teeはインナーダウン的にも活用できるし、だけどもっとガンガン洗える気軽なアイテムです。これを着るようになってから、インナーダウンを着なくなっちまいました。

アルクフェニックスは機能性を持った唯のファッションウエアではなく、あくまでもアウトドアスポーツウエアメーカーが作った、ファッション性のあるスポーツウエア。歩くための機能服なんです。

都市型です。



25,920円(税込)

型番: 2017-0210-01
定価: 25,920円(税込)
在庫数: 売り切れました!
MLXL
25,920円(税込)
売り切れました!
25,920円(税込)
売り切れました!
25,920円(税込)
売り切れました!

SOLD OUT

RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK