丘部好み

岩手一戸の文庫カゴ 銘”ぱっくんちょ”

 ホームセンターバリカンズ店主はソロキャンプで愛用しています。
岩手県は一戸町で作られている伝統工芸品、その名も「文庫カゴ」。
本来は、筆記用具等を入れていた、いわゆる筆箱なのだろうけど、
現代的な使い方の基本は、お弁当箱ではないでしょうか?
人それぞれ様々な使い方が出来るこの文庫カゴをお勧めします。

店主はソロキャンプ用にキッチン道具を収納しています。 
文庫カゴは中身の保護にもなる優れものです。アウトドアリサーチのパデットセルの
クラシック版とでも言いましょうか?!

店主はキャンプの時、ザル代わりに切った野菜を盛ったり、麺の湯切りに使ったりします。
でも一番解りやすい、使い勝手はフタもケースになるということ。では無いでしょうか?!

だから”文庫“カゴと呼ばれているのかもしれませんね。


サイズ
幅15~16センチ 縦22~23センチ 深さ7,5~8センチ

注)
一点一点手作りの為、若干のサイズに差があります。
手編みなのでささくれ、歪み、写真とは出来が違ってしまいます。


店主 感想文

一戸の竹細工にはいろんなカタチがありますが、カタチによって、職人さんも分かれるようです。
なので、市場カゴにしろ大きさ別で、編み手の方も違うようで、何度もこの場で書いていますが、
編み手の高齢化問題が、深刻になっているのも事実。
やはり編み細工は他の民芸品より人一倍手間がかかる割に、安価で取引きされていることが懸念されます。担い手が引き継げるように、もっと価値あるものにしなくてはならないと感じております。

日本の竹細工はもっと無くなってしまうのかと思われます。
担い手がしっかりとお金を稼いで行けるように、自分也に応援をしたいと考えます。




RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK