バリカンズオリジナル

バリカンズ手拭い 銘”刈印”

注)第2弾販売開始です。店主4月の15日まで長期出張のため16日以降の発送となりますことをご確認の上ご購入お願いいたします。

 

バリカンズ手拭い 岡正己デザイン第2弾  銘「バーバーポール」

クルクルと回転する。上へ上へと登っていくようなその動きは、動脈と静脈を表しているな血管のだ
と言われている。。失恋して髪を切る(青い)。失敗して反省坊主(青い)。人間は本能的に何かを変えたいと思う時、髪の毛に変化を求める。髪を刈り、身だしなみを整え、心を定め、凛とする。ヘアーカットは新しい自分への近道だ。髪を刈るというのは自分自身で変化を促せる、まさに変身と言えよう。ということは、床屋さんの目印「Barber pole」は新しい世界への入り口なのかもしれない。さあ、今こそ変化の時、床屋の象徴「Barber pole」に誘われるがままに、新しい自分に出会おう。

と、そんな想いを生地に込め、伝統的な注染により魂のこもった手ぬぐいに仕上がりました。頭刈る輩の繋がりフォーエバー第二弾!第二色目!頭や首に巻いた時の表情も大判の柄なのでコントラストがとてもナイスです!

色は、群青色(カラー名:Dブルー)でなんとも言えないスポーティーで素敵な青になりました。写真ではわかりにくいのですが、いわゆる中日ドラゴンズのようなロサンジェルスドジャースのような青(DIC255に近い色)です。Dブルーの “D” はダークとかではなくてドラゴンズ、またはドジャースの“D”です。



使っていくうちに白い部分に青い部分が染み込んでそれはそれでまた趣があります。しかし、色落ちがしやすいので、しばらくは絶対に他のものと分けて洗濯してください。

・手ぬぐいのスタイリング提案

もはや世界のスタンダードとなりつつある手ぬぐい文化ですが、もう一歩上のコミュニケーションツールにしてはいかがでしょうか!
その昔、江戸では手ぬぐいを名刺のように交換したと言われております。その時にイケてない手ぬぐいだと恥ずかしいですよね!

居酒屋でお隣さんと意気投合したら手ぬぐいを交換し、また会おうと約束を交わす。大人の嗜みです。

サイズ 36センチ×102センチ
※製品の特性上、染色により若干の誤差がある場合があります。
※色が落ちますので他のものと絶対一緒に洗わないでください。
※2枚まではスマートレターで発送できますが、それ以上の場合、レターパック、佐川急便に変更させていたします。

TAGS: Bar Liquors /

RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK