バリカンズオリジナル

biwakko CAP


滋賀県は琵琶湖のほとりに住んでいる、彦根バリカンズの宮川淳一君。
彼は学生時代はずっと野球をやっていた事もありCAPには目がない。
ドット柄にも目がないド派手な恰好が大好きな、2人の男の子の父ちゃん。
息子ももう中学生。二人ともサッカーキッズでめちゃ上手い。
下の子はキャプテン。
何の業界かよく解らないが、立派にスーツを着ているサラリーマンでもある。
数いるバリカンズの中でも、サラリーマンバリカンズは宮川くらいであろう。

そんなBiwakko Cap久しぶりのの再販!
色んな方に被ってもらっている人気キャップです。

夜露志九お願い致します!

<プロフィール>
宮川淳一(彦根バリカンズ)
サラリーマンバリカンズ。
『人生一度っきり。どうせ生きるなら楽しく生きよう!』をモットーに琵琶湖の畔で暮らし、キャンプしたり、川遊びしたり、釣りしたり、畑したり、庭いじりしたりゲリラガーデニングしたり、楽しみまくっている仲良し家族。休日は大体家族であっちこっち遊びまくっている仲良し家族である。


TAGS: ×VALLICANS /

RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK