バリカンズ独自

地元型ロー刈るCAP  銘”INACAP"

田舎の風景にも馴染む農協的乙さんキャップ作りました。
ただ、自分が被りたいから作ってみた我が地元風のキャップなんです。

色は2色。紺色と、ドラえもん色。
ドラえもん色は更にレベルの高い、農協的キャップです。
サイズは昔懐かしい、プラ製レールの調整タイプ。
56〜60センチくらいまで対応できます。



なぜこんなキャップを作ったのか?

地元岩手に移住してみてから、東京に住んでいた時と同じような格好はしなくなった。
なぜなら、暮らしている場所、風景に全く馴染まないからだ。
着る格好(ファッション)とは?その場の風景に馴染むこともとても大切かと思う。

なぜならば日々暮らしているから。
その土地にビルはないし景色は昔的民家ばかりの山間だから。

んでもって、最近の店主は、古着の印半纏なんて買って羽織って、
暮らし馴染んでいるつもりなのだが、
地元の人から言わせてみれば、
逆に「地元の人ではない」といわれ。。。。浮いている。

我ながら、茅葺屋根があるような、
谷間の田舎の風景に馴染む格好をしているつもりなのに。。。
結局自己満足なのだが。。。

しかし、更にういちゃうお洒落なハットとか
そんなステキな帽子はまず被れなくなった。
で、重要なのが、その辺のおっさんも被っていそうな、
キャップってのが重要なのである。

東京の古着屋さんで売っていそうな、アメリカのどこぞのメーカー?
か企業キャップみたいなのがちょうどいい。
田舎にも馴染むのだ。

更に掘り込んで行くと、農協的キャップにぶつかる。
でもって、メルカリや、ヤフオクで探してみると、
出てくるのだけれど意外と高くてびっくり。
地元のキャップはないかな?と探してみてもまず出てこない。
農協的、企業キャップなど。

だから自分で作ってみた。
我が地元、小岩井のキャップを。
そのまま小岩井と入れると芸がないと、「岩」だけ入れた。
「牧草地帯風景探査部」は架空である。そんな団体は存在しないが、
店主は牧草地が大好きで、日頃から、牧草地があるところは必ずチェックをしているのだ。

「大草原の小さな家」に出てくるような牧草地が大好きなのである。
岩手には牧草高原地帯が数多くある。きっと北海道も多いかと思う。

小岩井はまじ地元なので、電話番号もしっかし実家の電話番号である。
なので絶対にかけないでほしい。(なら書かなきゃいいじゃないか)
母ちゃんが迷惑だから。
でも本当に小岩井地区の番号なのである。

また、小岩井とは地名ではなく、小岩井農場の商標的名称

昔、小野さんと、岩崎さんと、井上さんが作った英国式の牧場だから、頭文字をとって
小・岩・井。なのである。

小岩井駅という駅はあるが、それ以外はあくまでも屋号的に
みんなそう呼んでいるだけなのである。

なので、店主、石積みをきっかけに、
「岩」にもハマっているので、

「岩」と入れてみた。岩だけだと、
どこかの高校野球部のキャップと思われるのも癪だから。
なんつって。

やっぱり地方のご当地的キャップってのはもっとかっこいいのを作ったほうがいい!
なんて思うのである。



TAGS: 新田丘部  /

4,950円(税込)

型番: 2021-0731-01
定価: 4,950円(税込)
在庫数: 売切御免!
紺色ドラえもん色
4,950円(税込)
売切御免!
4,950円(税込)
売切御免!

SOLD OUT

RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK