丘部好み

タイベック U.L.チョークバッグ

又股またしても 再入荷致しました!

中目黒のアウトドアセレクトショップ、バンブーシュートを通じて知り合ったのは、
もう10年ほども前の話であろうか?
現在は、長野県は松本市に在住。介護士しながら、大好きなアウトドアスポーツに明け暮れる
日々を送っている、谷相健太郎。

バックカントリースノーボードと
ロッククライミング(ボルダリング)が彼の主な山遊び。最近はアメリカのトレイルを縦断し、テンカラ釣りにも目覚めた生粋のたくましいアウトドア冒険野郎と化している。(あった当時は煮干しみたいなガリッガリの青年だったのに笑(ご愛嬌)

そんな谷相君が、ガレージブランド的に手作りで作っているのが、
彼のブランド「クワイエットスポーツ」のチョークバッグ。

谷相に、商品説明をお願いすると、キャラクターっぽく真面目なお答えがやって来た。

「丈夫で軽量な素材、タイベックで作ったハンドメイドチョークバッグ。
タイベックは紙のような質感ですが、軽くて水に強く、強度がある素材。
建築資材や防護服などに使われているが、
それとは異なるUV処理をし、より耐久性に優れたソフトタイベックを使用。
腰につけてちょうど良いサイズの"Short"、
置いても使いやすく両手でチョークアップできる"Tall"の2サイズ。」

「口の部分にはワイヤーが入っているので、くるっと丸めてワイヤーを曲げるだけで閉じることが出来る。」

ホームセンターではとりあえず、ショートタイプとトールタイプを。
バリカンズのにんげんで、岩登りを趣味としてるものはおらず、店主としては、ガーデニング用に植物をぶら下げたり、色んな小物をまとめたりする、別の使い道があっても面白いかなと思って取り扱っています。
Tallサイズは、植木鉢カバーにしても良いかもしれないし、同じものを数個揃えて
棚に小物別で分け入れておくのもかわいいかもしれない。
クライミング用という目的を、別の使い道を想像して使用してみる変化球な
発想を持つ事は人生の嗜みとしては有意義なのではないだろか〜?!って思っています。


作り手からの注意点
・ワイヤー部分を必要以上にきつく曲げたり伸ばしたりを繰り返しますと、ワイヤーが折れる場合があります。
・使用して行くうちにプリント部分がはがれることがあります。
ワイヤー交換、生地の補修など承ります。
・腰につけるための細引きが付属しますが、お好みでウェビングベルトなどにも交換できます。細引きのカラーはアソートになります。

CHALK BAG "Short" 1,800円 (税抜)
重さ 14g
CHALK BAG "TALL" 2100円 (税抜)
重さ 18g
CHALK BAG "GRANDE"2400円(税抜)
GRANDE 
size H27cm×W16,5cm×D10cm


QUIET SPORT [クワイエットスポート]
長野、松本市に2011年から移住。
そのころから更にアウトドアスポーツに励み、
2013年よりクライミングアイテムを展開している、
元アルプスインターナショナル、バンブーシュート勤務経験有り。
谷相健太郎君 32歳A型乙女座(適当)
愛車は ジムニー 
趣味は バックカントリースノーボード
    ロッククライミング
    



1,944円(税込)

型番: 2014-0822-02
在庫数: 売り切れにて御免!
shorttallGRANDE
1,944円(税込)
売り切れにて御免!
2,268円(税込)
売り切れにて御免!
2,592円(税込)
売り切れにて御免!

SOLD OUT

RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK