OKABE好み

野燗炉セット

「野燗炉」と書いて(のかんろ)と読む。

昔、江戸時代に庶民にも流行った代物で、古くを辿れば平安時代からとの噂もあるが定かではないそう。
そんな野燗炉は簡単に言うと、

「酒の肴を焼いて食い、お燗(日本酒)も温められる日本古来の野遊び道具」ということである。
正面右側で炭を燃やし、五徳の上に網をおけば焼き鳥や魚などを焼くことが出来、もちろんクッカーを置けば鍋も出来る。左側の丸い穴にはお湯を溜めておき、徳利等で熱燗が作れる。軽量のチロリを使うのも手だ。
これで、キャンプ、または家の庭などでも簡単に飲み食いが可能なわけだ。
まさに”男の嗜み”である。

モノの百科事典、サマリーというSNSで骨董品である野燗炉の存在は知っていたけれど、今現在もこのようなプロダクトをしているメーカーが存在するとは知りもしなかった。そんな情報をシャケさんというギアホリックな友達が教えてくれ、即購入したのが今年の1月。店主が関わっている雑誌の連載での紹介がきっかけで、製造元のJIPANGWORKSさんと知り合うことが出来、念願のホームセンターバリカンズでの販売の許可を頂いたという訳だ。

完成形がこの野燗炉参号である。
素材はステンレスで出来ており、壱号のアルミよりも重たいが、耐熱力がずば抜けて良くなっている。

使い方
1、まず、正面向かって右側奥の穴から水を注ぐ。(箱全体に水が行き渡るようにたっぷりと)
2、左側の炉で炭を興す。
3、炭が赤くなってきたら、お燗をつける。
4、焼き物を焼く。
5、食しながら、熱燗を嗜む。

本来はそれぞれ別個に販売しているとても高価な代物である。が、JIPANG WORKSのコンセプト同様に、
日本で昔から使われてきたこの野燗炉という野遊び道具を広め残していきたいという気持ちも大きい。

ギアホリックなシャケさんからのアドバイスで、「ホームセンターにハマりそうな代物を見つけましたよ!」
という情報もとてもありがたく、日本的外遊びのスタイルを確立したい店主的にはとても重要なアイテムであることは間違いない。

ぜひお勧めしたい逸品で有る。
スペック
素材:ステンレス・表面 ステンレス磨き加工
●縦:160mm
●横:310mm
●高さ:90mm
●重量:2.4kg


ホームセンターバリカンズ特別セット
本体24800円
持ち手4990円
炭台座3620円(空気の調節可能)
五徳3870円(裏表で高さを調節できる)
焼き網10枚セット1890円
トング680円(サービス)
38880円(全て税込)


製造元JIPANGWORKS
〒673-0424 兵庫県三木市自由が丘本町3丁目478-3
0794-83-1012
info@nokanro.com




TAGS: 新田丘部  /

RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK