岡部好み

LIKE THIS  オリジナルT-Shirts 銘”ろ刈”

LIKE THIS のオリジナルTシャツ 少量入荷いたし候!


バリカンズのロゴを作ってくれた、清水将司くんのデザイン会社『gaim-graphics』
が運営してるプロダクト&セレクトショップ『LIKE THIS SHOP』
の連中が作ったロゴが気に入って、急遽ホームセンターでも販売させてもらえることになった。

何故かって?刈ってるから。

兎に角、ロゴがいい。ろに鎌で、ローカルときたもんだ。
一目視てグッときた。でもすぐには解読できなかったけれども。
日本的デザインについついやられ、竹炭染めの効能にもやられてしまった。

なんせ、今店主は、山で木を伐り、毎日汗を流しているため、ほんと汗掻いた後の
作業着の匂いが気になって仕方ないってのも大きい。

ぜひ試してみたい。竹炭の抗菌の威力を。
詳しいことは下記にまとめております。

草木染めは変色する可能性があるため、陰干しを勧めます。
色 炭黒、炭灰
サイズ M L XL  の3サイズ

M 着丈67 身幅52 肩幅44、5 袖丈19、5
L  着丈71 身幅55 肩幅46   袖丈22
XL 着丈76 身幅58 肩幅52   袖丈23
参考モデル着用サイズ 黒はM 灰はLサイズを着用。 171センチ 痩せ型)
(参考意見 店主178センチ67キロ 痩せ型 XLがゆったりで気持ちいい。)

LIKE THIS SHOP からのメッセージ>

TEEへの想い
世界的なパンデミックをよそに、自然は何事もなく廻り続ける。土をいじり、種をまき、野草を食べ、草を刈り、虫と触れ、その先の微生物を意識する。土は目に見えない世界の入り口。世界は美しい。自粛ムードをいいことに、草を刈って刈って刈りまくった工場長作の判じ絵をバックプリント。

オーガニックコットンについて
世界5大陸の農家から調達したオーガニックコットン。3年間以上農薬や枯葉剤を使用せず地球の環境を守る農法で収穫したコットンを製造工程において環境負荷をかけずに紡績したタイショウボウオーガニック糸を使用。オーガニックコットンは、農薬や化成肥料による環境汚染のみならず、生産農家の健康への負荷も低くすることができるピースなマテリアルで、LIKE THIS TEEの着心地はここから始まっている。

1960年頃までは活躍していたヨーロッパ生まれのこの編み機は、天井から吊り下げられた状態で生地を編んでいくため「吊り編み機」や「吊り機」と呼ばれる。糸に余計なテンションをかけず、ゆっくりと編んでいくため、空気を含んだように柔らかで、なおかつ丈夫な生地を編むことができる。しかし、1時間に1メートルほどしか編むことが出来ないため、大量生産・大量消費の社会の中で出番を失っていき、今では世界的にも日本の和歌山県の数社でしか稼働していない貴重な技術。

孟宗竹について>
竹は成長が早く節があるので、その節目節目にまっすぐ成長できるように思いが込められ、昔から子供の成長を願い竹を祝い事に使用してきた。竹を高温化で蒸して炭化させて造った竹炭は、多孔質なため表面積が大きく、優れた吸着力や湿度を調整する作用等がある。そのため、古くから水を浄化するために使われたり、消臭力や抗菌力、遠赤効果があるので体を守り元気にしてくれる。
大分県産の孟宗竹を炭化した竹炭を使用。

ボタニカルダイについて>
ボタニカルダイとは、タンパク処理された繊維を、植物が持つ色素とわずかな化学染料を併用して染めるハイブリッドな植物染め。従来の草木染めと比べて、高い堅牢度と鮮やかな発色が特徴。金属による発色と定着を促す媒染剤は使わず、色素を抽出する時の温度や酸性またはアルカリ性、染料の濃度によって色味をコントロールする。植物が持つ自然の色は、複雑に乱反射するため、繊維を美しく奥行きある色に染めることができる。

10,800円(税込)

型番: 2021-0818-01
定価: 10,800円(税込)
数量:
 炭黒炭灰
M
10,800円(税込)
売切御免!
L10,800円(税込)
売切御免!
10,800円(税込)
売切御免!
XL10,800円(税込)
売切御免!
10,800円(税込)
売切御免!

RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK