寒河江の軽部草履 銘”2畳”

岡山の中山君が、
山形県の草履屋さんに別注した草履を気に入ったので、当店でも販売。

山形県は寒河江市で創業100年を超える草履専門製造会社に
中山君のブランドRe-PLANTが
別注して作ってもらったモノ。
この草履は、畳に使われているような”い草”やわらじの藁ではなく、
竹皮で出来た草履なんだそうだ。
鼻緒は今回は鹿皮を用いて高級感が出ております。
ソールはビブラムソールで今っぽくしております。
店主は室内履きで履いていましたが、こやつは外で
ボンデッジ日課パンツに合わせて履きたいと思います。
当店で売っている、二股ソックスとも相性は抜群かと思います。

サイズ
L  26,5~27,5cm 重さ167g
LL  28,0~29,0cm 重さ188g


以下ブランドのコメント
軽部草履に作ってもらったPEPRANTの草履。軽部草履とは?1948年山形県寒河江市にて草履製造業を開始。まだ開発の手が及ばない(雑竹ではない)山奥で収穫された斑点の少ない良質な竹皮を贅沢に使用した天然竹皮の草履。抗菌作用を持つ竹皮がポイント!
竹粋-CHIKUSUI-に使用されるカラス竹は、収穫された竹皮を秘伝の草木染めで染色し、均一な色合いの草履を編み上げてます。職人の手仕事により、大量生産は不可。
鼻緒には、CORDURA NYLON RIP-STOPを使用。アウトソールにビブラム社のスポンジソールを使用。インソールとアウトソールの間に衝撃吸収のあるEVAソールを使用しています。


Re-PLANT とは?!
車中泊仲間、岡山に移り住んだ中山君がやっているブランド。当店では昔、『Do Not Lose Me 』
なる皮財布を彼のブランド、Re-ACTで鼻息荒げに作ったもののそこまで売れず....という苦い思い出もある。

2016年秋からスタートのシューズブランド『Re-PLANT』。多分、彼のブランドはいくつかあるらしいが、Re-PLANT=新たに(再び)、植える、移植する。1950年~1980年代のシューズを新たに現代風に構築。デザイナーが種をまき、それを熟練した職人の手により移植。そして履く人それぞれが育てていく。『Re-PLANT』MADE IN JAPANにこだわった『FINE FOOTWEAR』です。

だって。








17,600円(税込)

型番: ZORI-01
定価: 17,600円(税込)
数量:
 LLL
17,600円(税込)
売切御免!

商品についてのお問合せはLINEからも可能です。ホームセンターバリカンズLINE公式アカウントにお問い合わせください。

友だち追加