バリカンズオリジナル

ブリングスウェット 銘”barbershop GIANT"

VALLICANSオリジナルプリントスウェットを極少量販売いたします。

「服から服を作る」
海千山千會の千代田高志君(ムーンライトギア)と立沢とおるさん(バンザイペイント)
が始めた新たなプロダクト。

その名も「UNHALFDRAWING 」


「古着のポリエステル素材を再生してまた新しい服を作る」
っていう、化繊なリサイクルマテリアルで作ったスウェットブランド。

千代ちゃんの友人が働いている「日本環境設計」という今の時代に必要な技術を持っている
世界に誇れるリサイクル技術会社の新たなプロジェクトが「ブリングマテリアル」
というものらしい。

そのブリングマテリアルを活用して何かできないか?という相談に乗ったのが
千代ちゃん。で立沢さんとタッグを組んだ。
で、出来上がったのがこのスウェットのボディだ。

ULギア&ウエアを専門に扱っているムーンライトギアの千代ちゃんも
アウトドアウエアというよりは、旅服という観点でみるULウエアだと解釈している。

スウェットなのに乾きが早い。というのは旅服として考えると
最大ポイントだと思う。

化繊マテリアルはテカテカしているイメージで普段着に合わせにくいし
あのツヤ感がなんとも好きになれない。
けれど、
アンハーフのスウェットは普通のコットンスウェットみたいな風合いが普段着にも合わせやすい。

持続性のある技術を使った服は”今のモノ創り”にとても重要なんじゃないだろか?
アパレル業界では「サステナブル!サスティナブル!!サステイナブル!!」
なんて作り手が異常なほどに使いまくっている言葉で、
最初は「サステイナブルってなんなの?!」なんて耳が五月蝿がっちゃったけれど、
そんな作り手こそ、暮らし方、モノの買い方、価値観を根本から変えていかないと
消費者に対して説得力がないんじゃないの?と思っちゃうのは店主だけであろうか?!

なんつって熱くなってしまっては商売に影響を及ぼしてしまうから、止めといて。。。

このイラストはアポロ君という元スタイリストのアーティストが書いた作品です。
彼はスタイリスト本庄克行氏のアシスタントを経て、一度はスタイリストとして
活動していたけれど、疑問を感じて「自分のやりたいように生きる」つって辿り着いたのが
「絵描き屋」さん。
実は本庄君の前に1週間だけ店主の元でお手伝いしていた縁のある人間でもある。

アポロという名前は本庄君の師匠である、本間良二君が名付けた渾名で
映画「ロッキー」に出てくる主人公ロッキー・バルボアの宿敵の世界チャンピオン
アポロ・クリードに似ているという思いつきで名付けられ、本人も気に入り現在も活用中。

スウェットプリントのイラストは、彼の作品を眺めていて、見つけた、ジャイアント馬場のイラスト
から思いついた単純な駄洒落的作品。

サイズ感
M着丈 63、5cm 身幅59cm
L着丈  71、5cm 身幅63cm
モデル参考サイズ
身長178cm、中肉中背でLサイズでゆったり。
Mは着丈感、身幅感共にジャスト。
注)写真はネイビーがLサイズ、グレーがMサイズです。







TAGS: ×VALLICANS /

15,620円(税込)

型番: 2020-0126-01
定価: 15,620円(税込)
サイズ:
カラー:
数量:

RELATED ITEMS

ABOUT US

VALLICANSとは

VALLICANSとは、アタマを刈り上げる理容器具、和製仏語「バリカン」から名付けた屋号である。 本来はフランスの製作所「Barriquand et Marre」という製作所の理髪器具が日本に輸入されてきた当時に、ローマ字呼びで名付けられたのが「バリカン」の始まりなのだそうだが、そのスペルをそのまま採用するのはカッコ悪いと、アメリカンチックな当て字に変更したのが「VALLICANS」と命名した由来である。

当初、「アタマを刈り上げた輩が稲も刈り取る”農園芸刈込集団」という駄洒落的コンセプトから始まり、実際にお揃いのチームウエアを着込み、コンバインを操縦してみたり、都会の街でのゲリラガーデニングを行って来たが、結局のところ、頭を刈り上げた面白いキャラクター性を持ち合わせた個性ある人々が集まった
ただ、「アタマを刈り上げた輩の呑みの集団」なのであった。

でもそれだけじゃあ折角の特色ある仲間うちが集まっても意味が無いと、様々な職種の人間が所属するバリカンズの仲間内で、一緒にクリエイティブな仕事を共有する事も多くなりつつある今、言わば“フリーの労働協同組合”と名乗った方がふさわしいのではないか!という事に気付いたのだ。

ならば、我々VALLICANSのメンバーそれぞれの職を活かした技術や、センス、感覚をカタチにしたプロダクトを世に送り出す“へうげた”バリカンズ的SELECT SHOPをOPENする事と成り候!

その名も「HOMECENTER VALLICANS」である。
ホームセンターみたいに、様々な暮らしの道具をちょこちょこ揃えていく予定であります。荒物屋さんの方が近いのかな?
HOMECENTER VALLICANSを今後とも夜露志九お願い致し候!

店主 新田丘部

NEWS

FIND US ON FACEBOOK